わたしが馬とすごす理由

A Life with nono・ma vol.1

A Life with nono・ma vol.1

「ミナミ、馬、乗ってみない?」

いつものことだけど、ナオコの提案は突然だ。

ちょっと前に「乗馬、始めちゃいました!」なんて“つぶやいて”いたのを思い出しているうちに、時間と場所を指定されてしまった…。都心から1時間ほどの、海がきれいなところだった。
肩を遙かに越えていて、「ワタシ、この上に乗るの?」と本気で思った。でも、見渡す限りの海原と、馬の背に触れたときのやわらかな温もりに…平日のワタシが、どこかへ遠くなっていく感じがしてた。

そのときナオコが持っていたnono・maのバッグ。自然な風合いと肩にかけたときの感触が気に入って、ワタシも色違いを手に入れちゃった…。
たっぷりめのバッグは、揃えたばかりの道具を全部収めても、シルエットはそのまま。帆布のタフな感じがアウトドアにもピッタリだし、色も“マゼンタ”を選んで正解だった。こうして街につれてきても、さりげなく“ワタシ”を主張できるところが、ちょっとうれしかったりする。

気がついたら、週末を指折り数えるワタシがいた。今度はカッコよくまたがって…ナオコに笑われないようにしなくっちゃ。

A Life with nono・ma vol.2

A Life with nono・ma vol.1

ヒールの立てる乾いた音から解放されて、週末のワタシは、5センチほど背が低くなる―。

早朝のランニングも週末の習いごとも、今はちょっと“お休み”。気がついたら、スマホのカレンダーの週末は、額に“星”のある馬のアイコンでいっぱいだった。「ミナミは飽きっぽいからなぁ」。ナオコはそう言って笑っていたけど、今のワタシは、ここでこうしている時間がすごく好き。

いつもバッグに入っていた長靴とヘルメットはロッカーに預けたので、今日からワタシはひと回り小さなnono・maのバッグでお出掛け! きっとナオコ、驚くだろうな。買い揃えたばかりのキュロットとポロシャツをバッグに詰め込んでいたら早くこの子たちに会いたくなって…今日はいつもより早く着いちゃった。

nono・maのバッグは、海の深さを想わせるネイビーがお気に入り。そのまま月曜の街に持ち出しちゃうのは、週末の色が染みついているから?

砂の匂い、ひづめの音、そして、やさしい風の感じを忘れないうちに…
ワタシはまた、ここへ戻ってくる。そう、nono・maの碧と一緒に。

A Life with nono・ma vol.3

A Life with nono・ma vol.1

まばゆい春の日差しの中、馬たちも少し眩しそう。昨日まで山積みになっていた仕事のことは少し忘れて、春の優しい光と芳ばしい風に包まれて、深呼吸するワタシ。

春を迎えて馬たちは冬毛が抜け、より一層艶やかに美しくなっている。そんな馬たちの穏やかな瞳に癒されて、最近乗馬を心から楽しめるようになってきたかも。ナオコが言ってた、”馬と一体になる感覚”が、ようやく分かってきた気がしてる。

乗馬に行く時のお供は今日もnono・maのバッグ。中サイズのバッグとお揃いのポーチは一目惚れして買ったけど、大正解だった。丈夫だし、街でも映えるし、もうすっかり手放せなくなってる。

定番のネイビーは季節を問わずどんな洋服にも合うからとってもお気に入りだけど、そろそろ春らし明るい色も欲しいかも。そういえばナオコが最近「”Qi-style WEBSTORE”で、春を飛び越えて初夏を感じさせる爽やかな白のバッグを買いました!」ってブログにアップしてたっけ。私も”Qi-style WEBSTORE”チェックしなくっちゃ!!

facebook

Qi-style(アウトドア用品・スポーツ用品)のFacebookページ